広島の歯科で入れ歯を作ってもらうときのポイント|Hyogo Dental
HOME>人気記事>広島の歯科で入れ歯を作ってもらうときのポイント

自分の歯を大事に

女性

虫歯の治療が嫌いと言う人の妄想で、総入れ歯になると虫歯治療もなくなるので嬉しいと言うのがあります。確かに虫歯の心配はなくなり、快適な暮らしも可能になります。広島で歯医者さんへ通う回数を考えてみると、健康な人も入れ歯の人も似たようなものと思われます。ですが、入れ歯の耐用年数は5年ほどとなっていますので、時期が来た時には交換が必要になります。またダイエットして体が小さくなった人は顔の形も変わることがあり、交換する必要が生まれるかも知れません。健康な人はキチンと歯磨きをして定期的に歯科医へ通うことで、虫歯の心配もなく入れ歯の必要性もなくなり、医療費も少なく済むことになるでしょう。ですから、日ごろの手入れについて考えてみるべきです。一般の人の歯磨きは朝と夜の二回が基本で、必要に応じて歯磨きをする場合もあります。ですが、磨き残しはよくあるので丁寧なケアを心がけておくことが重要です。これは、入れ歯をすでに装着している人も同様に言えるので、できるだけ健康な歯と良い口内環境を持ちたいなら実践していきましょう。

不便さを感じることも

入れ歯にすると、歯が無い部分を補えるので見た目も入れる前より良くなります。しかし、歯科で入れ歯にすると不便なこともあります。いくら上手に作ったものでも、入れ歯と顎の肉の間を100%ぴったりと着くのではありません。隙間のないように作るのですが、わずかな隙間は出来てしまうのです。そのため、硬いお菓子を食べた時には、お菓子の屑が間に入り込み痛みを感じる場合もあります。更には、硬いお肉なども噛み切れない場合も出てきます。歯にかみ切る力がないことから、不便を感じることも多くなります。入れ歯にすることで、面倒なことも起きて来ますので、無理に総入れ歯にする必要はありません。部分入れ歯と言う方法もありますので、上手に付き合う方法も考えると良いでしょう。

下顎用と上顎用の違い

総入れ歯にも、上顎用と下顎用では作る側にもかなり大変な苦労が待っています。上顎用では、安定感も良くなり粘膜の厚みを上手に利用出来ることから噛む作業も容易となります。ですが、下顎用になると顎の動きと連動し舌も邪魔をするため、痛みを伴うもとなりやすくなるのです。難易度がかなり違って来ることから、作成する側も緊張が走ると言われます。そのため広島市内の歯科医では痛みのない義歯を作ることが、大きな課題となっています。使い心地の良い入れ歯を作成してくれる歯科医を探すなら、実際に入れ歯を作った実績が豊富な医師を探すことが重要です。

広告募集中